• Kiyomi Okita

流氷


February 26, 2017 以久科原生花園 斜里町

我慢しきれず、流氷を見に出かけた。

浜頓別町に住んでいた時、流氷を最後に見たのは小学生の頃。

あたりまえすぎで、特に見ようと思わなかった。

ところが今、流氷のある景色が見たい!と思って、浜頓別の海岸に来るのがいつかいつかと待っていても、一月末以来なかなか来ない。気がつけば春の風が吹き始めてきた。まずい、流氷がいなくなる。

暖かい気温の次に、再び引き締まった寒さに戻った。最後のタイミングかもしれない。そう思って、えいやーと札幌発釧路経由、知床斜里、網走、旭川、札幌のぐるっと道東旅行に出た。

斜里に着いた次の日の朝、視界不良の吹雪の天候だったが、天気予報通り出かけるころには吹雪はおさまり、タクシーで以久科原生花園まで連れて行ってもらい、流氷を見ながら散歩したり、写真を撮っているうちに晴れてきた。ありがたかった。

水平線までびっちりと流氷で埋め尽くされた景色。

自分以外の人はいなかった。

鳥も居なかった。

歩くのをやめると、音のない世界の中、流氷でずっとさきまで広がる景色の存在がなんとも言えなかった。

孤独とも違う、流氷と自分の存在の対比が不思議だった。

流氷の景色の中を散歩した。

どこまでも行けそうな気分だった。

振り返ると、1人、2人、数人と浜に降りてきた。

流氷のある景色の独り占めは終了。

ちょうど良かったし、それを合図に快く流氷を後にした。

後から来た人たちも楽しそうだった。

とても良い流氷日和だった。

感謝。


15回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon