びわをもいで食べる


今まで意識してびわを食べたことがなかった。だから「びわがなってるよ、食べれるよ」と言われてもピンとこない。食べれるの?皮を剥いて、そのまま?たねが入ってるの?

そっとかぶりつくと、柔らかくて優しい甘さが口の中に広がった。

そばにある木から実をもいで食べる。しかも甘い。

私は勝手なイメージで、その辺で美味しい果実が取れる場所を豊かなところだと思う。それは北海道にない気候、暖かさへの憧れなんだと思う。

これから、お店で生のびわを見かけたら買うと思う。そして食べる時はその時の気温と湿度を思い出す。


タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索