リチウム電池


2008年に購入したMacBook。まだまだ使えている。が、長く使うとリチウム電池が膨張する現象に出会う。一度、最初のバッテリーが膨張で交換したが、その交換したバッテリーもまたもや膨張した。しかも2回目のバッテリーは日に日に膨張し、外装を破損させるくらい膨張した。そこでリチウム電池を回収してもらえるところに持っていくと、膨張していたり、外装が破損したものは回収できないとのことだった。ちょっと困ったが、大手販売店に問い合わせたところ、普通に回収してくれてホッとした。札幌市に問い合わせて、とかなると平日びっちり仕事していると辛いので、回収してもらって本当に助かった。

さて、また新たにリチウムバッテリーを購入と考えたが、ふと考えた。またリチウム電池の回収で苦労するのだろうか。このままこのMacを終わりにすることも一瞬考えたが、それにしてもデータの削除をしないと破棄できない。そのためにバッテリー...。


バッテリーを買って、いつでも破棄できる状態で使えるだけ使う、これが一番だろうか。それにしても14年間使えるってすごい。勿論、普段は別のスペースシルバー色のMacを使っているが、音楽を聴くとか、DVD を見るとかであれば黒MacBookはまだまだ使える。


最新記事
アーカイブ
タグから検索