始まりのイメージ 夢の記憶


小さい頃見た夢で、忘れずに残り続けるイメージがある。それは断片的なイメージだったり、無音映画のように流れる映像としてのイメージだったり。なんども繰り返し見た夢もあったし、一度しか見ていないのに、ずっと記憶にあったり。

だから風景の中を歩いているときにふと、なんでもないところで足を止めたりするのは、そんな記憶の片隅の風景を思わせたりするせいもある。そこになにもないけどなにかある。

今、写真を撮っている動機は、もうずっと前にあるんだとこの頃思う。

最新記事
アーカイブ
タグから検索