景色を楽しみに行く


神仙沼(北海道 共和町)


北海道は紅葉の季節。

晴れを狙って神仙沼へ出かけたが、近づくにつれて雨雲。

雨に降られることはなかった。

神仙沼の紅葉。神仙沼に行く途中の湿原も秋めいていた。


木々の中を木道沿いに歩いて来ると突然この景色が広がる。

山の上の湿原。

普段は海沿いの湿原を見ていたから、なんだか新鮮に感じる。

標高が750mの湿原は、どうやら北極で見れる風景と似ているところがあるようだ。

北大の総合博物館の1階の北極圏を紹介しているスライドショーにあった写真を見て、どこかに似ていると思ったのがここ。


それにしてもたくさんの人が訪れていた。札幌中心街を歩く服装でくる家族もいた。木道があるからか、オススメはしないが確かに浴衣すがたでも歩ける(本当にいた)。

バスツアーも来てたくさんの人が木道を歩いて神仙沼を見に行く。


人にとって景色を見に行くとはどういうことだろう。

綺麗な景色を見に行く。

いつもの景色を見に行く。

日常とは別の世界を見に行く。


景色を見に行くのは心が求めるから。

その理由はいろいろ。

心が求めるから、体がそこへ行く。

そしてその場に立って、落ち着いたり、安心したり、満足したり、納得したり。

もしくはまた来ようと思ったり。


今や世界中の景色を映像を通して見られる時代でも、

人は実際にその場に行きたい。


最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon