見ていることと写っているもの


同じ平面作品でも、絵を見ることと写真を見ること、どう見ているだろうか。

写真を見ていて、ずっとその作品の前で見てしまうのは、撮った人が実際のところ写真を通して何を見ようとしているのか、ここがとても引き込まれる。作品の前ではっきりとした答えは浮いてこない。ただ漠然としたなにかしらの共通項があって、それが日々の心のどこかでひっかかっているもの。それを写真を見ながら自分の頭の中に戻りまた写真からそれがなんなのか探していく。

写真は被写体のみならず眼差しも写す。

最新記事
アーカイブ
タグから検索