自分の言葉で向き合う


August 27, 2016

自分が写真をやって、個展をやるようになってから、ジャンル問わず、「発表系」は楽しみにして見るだけでなく、真剣に見るようになった。見えない部分にも発表者の工夫とか心遣いとか、つまりは生き様があったりするから。

勿論、全部が全部ではないにしても、みんなそれぞれ一生懸命とかこだわりがあるから、まずは真剣に見るところから始める。それからリラックスしてみるのか、どうみるのかは作品が教えてくれる。

結局は自分が感じたままに見る。ただ、まずはどう向き合うかが人それぞれ。

これは特別に作品とか「発表系」に限った話ではないと思う。

対人もまたそうなんだと思う。

急に一つのことをこなさなければいけなくなった。

それを数十人の人たちに手伝ってもらわないと行けない。

しかし、手伝ってくれる数十人にあと出しで実は、たいしたお礼が出来ないと言わないといけなくなった。

ここで人はどうするのだろうか。

他の誰かに、「あなたからみんなに言ってくれたら、一番聞いてくれると思います」と、言うのだろうか。

それでいいのだろうか。

あなたの、心からの言葉はないのだろうか。

それなくして、仲間に仕事を指示するつもりでいたのだろうか。

一番近くに居る仲間に、心の底から言葉を発せないのは、自分自身を一番疑っていると言う事ではないのだろうか。

誰の言葉でもない。

あなたは、あなた自身の言葉を発表することが出来る日が来るのだろうか。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon