ベニヤ原生花園(冬)​

 

 

ベニヤ原生花園は、浜頓別市街地から稚内へ向かう途中にある国道238号線から東に1kmほどの枝道を入った海岸沿いにある。春から秋にかけては車で駐車場のあるところまで行けるが、冬季間は除雪が入らないため国道から徒歩で原生花園へ向かう。冬の原生花園は春から秋の原生花園とはまるで様子が違う。庭のように親しんでいた場所が、とても別のように思える。それでも、冬にしか見られない風景、人が容易に来れない雪で閉ざされた風景が気になってしまって、毎年1回行っている。

 

誰もいないのと、国道から歩いて30分、雪が深ければスノーシューを履いての歩きになるのでそれなりに心構えがないと気持ち的に来れない。今年は体力的に不安だったが、この時点では降雪量が少なくてスノーシューなしで歩けたのが良かった。
冬にここに来るのは8回目になるんだろうか。
冬のベニヤ原生花園は陽がないとまるで重力がないようで、陽があると途端に表情が現れて来て、陽の存在が大きく感じられる

January 3, 2019
"Beniya-Genseikaen (Beniya abiogenesis flower garden)", the north part of Hokkaido, Japan
ベニヤ原生花園、浜頓別町

1/2
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon